top›転職面接で相手に記憶してもらうためには驚きが重要

転職面接で相手に記憶してもらうためには驚きが重要

<広告>

<広告>

初対面の相手に自分えお記憶してもらうためには強い印象づけがいります。それには驚きが必要です。

もちろん採用面接であなたが面接官の期待する人物像の許容範囲に入っているかどうかは重要な判断材料です。 しかし、実際の面接では面接官の期待する人物像の中に何人もの候補者が浮かんでいることでしょう。その中からあなたを選んでもらうためにはまた別の判断基準が必要です。

それが驚きなのです。 驚きとはイメージのギャップからもたらされます。予想しているレベルと事実の間に大きなギャップがあればそれは驚きとなります。

つまり平均的な候補者の中からかけ離れた独自性をあなたが持っているのならそれを紹介してください。面接官の印象に残すためにもあなたの驚きのネタを考えておきましょう。

<広告>

転職活動情報コラム
退職時に転職の明確な希望を持つ 会社側からの突然の解雇 会社が倒産した場合の未払い金確保 出産で会社を退職する場合の法律上の保護
介護休業制度のしくみ 病気や怪我で会社を辞めるとき 転職の前に退職金を計算しよう 財形貯蓄や社内預金は退職、転職の場合に解約するのが基本
失業後の生活設計を立てよう 定年退職後の生活設計 退職時の様々な手続き 早く再就職するための心掛け
求人転職情報を探す窓口はこんなにある フリーターやパートの特徴を知り転職しよう 正社員に転職ではなく、派遣社員という選択 雇用保険を活用して失業生活をのりきる
失業中どんな給付を受けられるか調べてみよう 基本手当はいつまで受給できるのか? 特定受給資格者は基本手当の所定給付日数が長い 失業給付を受けるための手続き
失業の認定を受けなければ失業給付は受けられない 失業認定日は原則として変更できない 65歳を超えての失業の場合 失業中に内職、アルバイトなどで収入があった場合
離職後すぐに求職活動ができないとき 再就職手当と常用就職支度手当と就業手当 教育訓練給付をもらおう 60歳以上からの転職、再就職
退職後の健康保険はどうするのか どの医療保険制度を選択するか検討してみましょう 健康保険と国民健康保険との比較 退職後も健康保険に引き続き加入する方法
失業中に家族の被扶養者になる方法 高齢者の医療保険について 退職後も引き続き受給できる傷病手当金 退職後も出産育児一時金を受給する
医療費が高額になると一部が返ってくる 40歳以上は介護保険料も支払う 年金の種類を確認しよう 様々な企業年金
公的年金の給付は老齢、障害、遺族がある 退職後の国民年金手続き 国民年金の免除制度 老齢年金の受給開始時期を確認しましょう
年金を貰えるか確認しましょう 年金の加入期間が足りないときはどうすればいいの? 老齢年金の請求手続きを確認しよう 老齢年金を早く貰う、遅く貰うのはどっちがお得か?
年金に必要な書類を準備しよう 確定申告で税金を取り戻しましょう 退職金にはどのくらいの税金がかかるのか 退職後も住民税は支払う
転職サイトは最低10サイトは登録しよう 転職には人材紹介会社をうまく利用しよう 人材紹介会社では自分のオリジナリティで転職アピールしよう 今の仕事の成功実績が転職後の仕事の成功につながる
ヘッドハンティングで転職とは 転職では自薦と他薦ではどちらが効果があるの? 自分が知りたい転職情報をキャッチする方法 転職人材探しを頼まれたら積極的に協力しよう
転職にはランチタイムも利用しよう 年賀状を利用して転職アピールしよう 同窓会の幹事を転職に役立てる 転職には社外交流会を活用する
ホームページ、ブログ、メルマガなどで転職アピールしよう 転職情報を知ったらすぐに行動する 転職活動でも進捗状況は常に報告しましょう 企業は求人の際、どんな人材を求めているのか
転職活動では自分の知らない自分を知ろう 新聞の求人広告は求人倍率が高い 転職には求人情報誌を上手に活用しよう あなたの転職ライバルたちの情報を調べてみよう
斜陽産業の求人ににあえて応募してみる ハローワークは失業保険を受け取りにいく所と考えよう インターネット求人の応募ではメールの使い方に注意しよう 求人広告に求人を出していない会社に転職する裏技
求人募集が多い時期に合わせて転職活動をする 転職の際は未経験の仕事でもあきらめない 募集要項から採用する側の必要とする求人情報を推測する 転職面接では必ず受かる履歴書、職務経歴書なんてない
転職サイトなどで他人の履歴書から学ぶ 何でもできる人は案外転職で採用されないことが多い 転職の際は会社があなたを選ぶのではなくあなたが会社を選ぶ 転職面接でアピールしすぎるのな!
転職面接にもお土産を用意しよう あなたはなぜその会社の求人面接に応募するのか 転職面接の際、同じ話でもポジティブとネガティブではこんなに違う 転職面接で相手に記憶してもらうためには驚きが重要
転職面接では話す内容よりも面接官に伝わる印象が大切 転職面接の際、ただ話すだけでなく面接官を聞く姿勢にさせて話をする 転職面接の自己紹介は肩書きだけではアピールできない 転職面接は午前中に受けるのがベスト
あなたは転職前の現在の会社の説明を的確にできますか? 転職面接後、給料交渉を有利に進める 転職面接後、反省は必ずしよう 転職面接終了時の「何か質問ありますか」にも準備しよう
転職では妥協しない 求人がないならアルバイトから正社員を目指す 転職で本当にやりたい仕事には必ず出会えると信じる 転職の際、採用する側のニーズを把握する
転職での過去はあなたの財産です 未経験の業種に転職するなら急成長の会社を狙ってみよう 転職にはブログを活用しよう 転職に関係なく向上心は最高の仕事につながる
転職が成功しても人材登録情報を更新しよう 転職の際、履歴書と職務経歴書を常に新しい状態にしておきましょう 転職になぜインターネットを使うのか 転職の際、パソコンは自宅にないとだめか?
数ある転職サイトはどう違う? 転職サイトをうまく使いこなすためには 会員登録をしなくても転職サイトは使えるか? 転職サイトを選ぶポイントは?
求人情報を見るときの注意 転職の際、求人問い合わせには電話とメールのどっちが良い? 転職の電話での問い合わせの注意点 転職の応募前の問い合わせでどこまで聞いていいのか?
転職サイトの応募フォームを書く 転職サイトの応募フォーム、空欄は記入しないでよいの? 転職サイトならワンクリックで複数の企業に応募できる 転職応募フォームの自由記入欄の書き方
転職の職歴はすべて書かなくてはいけないの? 転職の職務内容は主要な業務だけ書けばよいの? 転職の志望動機って何を書けばいいの? 転職の志望動機の書き方
転職の自己PRの書き方 一般事務、営業事務に転職 総務、人事に転職 経理事務に転職
個人向け営業に転職 法人向け営業に転職 ルートセールスに転職 商品企画に転職
マーケティングに転職 ファッション業界店長に転職 食品売場マネージャーに転職 トラベル業界旅行業務スタッフに転職
IT業界ユーザーサポートに転職 IT業界SE・プログラマーに転職 介護・福祉業界ケアワーカーに転職 住宅・建設業界建設設計に転職
印刷・広告・制作業界DTPオペレーターに転職 出版・Web・制作業界編集者(エディター)に転職 秘書に転職 貿易事務に転職
技術営業に転職 MRに転職 プレス・広報PRに転職 販売促進・SPスタッフに転職
ホテルスタッフに転職 ブライダルコーディネーターに転職 機械設計エンジニアに転職 CADオペレーターに転職

<広告>

<広告>